M.I さんちの苔ポン

ソイルを敷き詰めて、ひたひたになる程度の水を張った水槽に置き空間湿度を高く保って育成されたホソバオキナゴケです。

水草のような鮮やかなライトグリーンになっています。

葉体が長く成長した状態を「徒長(とちょう)」といい、園芸一般では避けるべき状態とされていますが、オキナゴケの場合、この状態も美しいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です