Bonsai column

苔の八百鉢、独自の概念「1の盆栽」と「2の盆栽」について

苔の八百鉢の店主のいう「1の盆栽、2の盆栽」という概念は一般的に知られている盆栽の専門知識ではなく、店主の個人的な信条から出てきている言葉です。

中国の「盆景」に起源を持つ園芸体系が日本に渡り、平安時代から楽しまれるようになったものが日本における盆栽の始まりとされています。

その系統にあり、平安の昔から今日まで脈々と伝わっている伝統的な盆栽を「1の盆栽」と呼び、それに対して苔の八百鉢の店主が作り出す伝統外の盆栽を「2の盆栽」と呼んでいます。

これには盆栽の規格外品という意味と、オルタナティブな存在ですよ。という意気込みを込めています。
2級品とか、盆栽未満というつもりでは決してございません。温かい目で見守ってくださいますと、とても嬉しいです。

参考までに、店主の思う「1の盆栽」の特徴は

  • 価値に裏付けされた権威があること。
  • 伝統的価値観と定義を尊重していること。
  • 目に見えない存在の依り代であること。[*1]
    *1 盆栽研究家、川崎仁美さんが打ち出した盆栽観です。

確かに盆栽にはあたかも、龍の精気(エネルギー)が依っているように見える品があります。

1の盆栽と2の盆栽

苔の八百鉢、独自の概念「1の盆栽」と「2の盆栽」について

苔の八百鉢の店主のいう「1の盆栽、2の盆栽」という概念は一般的に知られている盆栽の専門知識ではなく、店主の個人的な信条から出てきている言葉です。

中国の「盆景」に起源を持つ園芸体系が日本に渡り、平安時代から楽しまれるようになったものが日本における盆栽の始まりとされています。

その系統にあり、平安の昔から今日まで脈々と伝わっている伝統的な盆栽を「1の盆栽」と呼び、それに対して苔の八百鉢の店主が作り出す伝統外の盆栽を「2の盆栽」と呼んでいます。

これには盆栽の規格外品という意味と、オルタナティブな存在ですよ。という意気込みを込めています。
2級品とか、盆栽未満というつもりでは決してございません。温かい目で見守ってくださいますと、とても嬉しいです。

参考までに、店主の思う「1の盆栽」の特徴は

  • 価値に裏付けされた権威があること。
  • 伝統的価値観と定義を尊重していること。
  • 目に見えない存在の依り代であること。[*1]
    *1 盆栽研究家、川崎仁美さんが打ち出した盆栽観です。

確かに盆栽にはあたかも、龍の精気(エネルギー)が依っているように見える品があります。

苔ってなんなの?

3億年前の地上に登場した原始の植物

年代など本当のところは誰にもわかりませんが最初の植物が苔かそれに類するものであったというのは恐らく確実であろうと思われます。
現在の地球において3億年前の地球の姿にもっとも近い場所としてアイスランドの原野(※写真下)を挙げる地質学者は多くいますがそれは、アイスランドが火山活動により1600万年前にできた非常に新しい島だからです。

アイスランドの原野は尖った岩と苔のシンプルな世界。3億年前の地表はアイスランドの原野のような見渡す限り岩と苔と水の世界だったと推測されます。

苔植物*は世界に約2万5000種、日本だけで約2000種といわれておりまた、約3億年前に海から地上に上がった最初の植物であるということになっています。海底火山が噴火とともに隆起して島を形成するとまず、冷えて固まったトゲトゲしい溶岩石の地表が形成されます。そこにどこからか運ばれてきた苔の因子、つまり苔の体組織そのものか胞子が付着して生長を始めます。(シアノバクテリアの類も蔓延ることがあります。)

この時点では、苔以外の植物はたとえその種子が運ばれてきたとしても生育不可能です。
苔かそれに類する植物のみが溶岩石と雨水だけで形成された文字通りの「死の大地」に最初の命を宿すことができます。

溶岩石の大地の上に覆いかぶさるように苔の大地が広がり、次第に厚みを増し裸子植物や被子植物など別の植物の種子が根付くことのできる土壌が完成します。苔植物が「地衣類」と呼ばれるのはそのためです。

そしてまず現れたのはシダやマツのような裸子植物であったようです。
このように考えると、盆栽の典型として多く見られる「マツ・石・苔」の組み合わせは原初の陸地を表現しているというわけです。
盆栽が始まった平安時代の頃にこのような科学的知見があったのかは定かではありませんが、盆栽を知る上でこれはとても興味深い事実です。

*苔植物(こけしょくぶつ):学術用語で苔類(たいるい)・蘚類(せんるい)・ツノゴケ類(つのごけるい)を含む植物の総称。

街中のコンクリートやアスファルト舗装のように無機質な場所に苔植物が繁茂するのは苔の持つ役割から考えるとごく自然な営みであることがわかります。このような砂地や岩場は植物界が生育域を広けるための最前線です。市街地の苔植物は人間が灰色に塗り固めた大地をもう一度、植物界に取り戻そうとしているかのようです。

苔の不思議

2017年。冒険家で著作家のエハン・デラヴィ氏はアイスランドの原野 633kmを 33日間かけて歩いたそうです。
当初、彼は一面尖った岩だらけの原野を裸足で縦断しようと考えていましたが、それは最初の少しだけで断念せざるを得ませんでした。あまりにも荒々しい岩肌であったため彼の足の裏は瞬く間に傷だらけになり、出血し、歩行が困難になったからです。やむおえず薄手のカーボンソール靴に履き替え旅を続行したそうですが、岩肌を苔が覆った部分ではできる限り裸足で歩いていたのだそうです。

苔の上を裸足で何時間も歩いていると、彼の心は不思議な感覚になりました。それは非常に右脳的、感覚的な状態で変性意識に近かったそうです。岩場を歩いているときはそのような感覚にはならなかったといいます。

このことについて科学的検証も行われていませんし、そもそも苔の上を歩行したことが直接の原因かも不明です。
また、この口述より詳細な状況はまだわかりません。しかしこれが苔由来の効果であるとしたら、それは今まで誰も発見していなかった苔の性質ではないでしょうか?

映画「Why on Earth」
映像の構成要素のほとんどが苔!岩!水!
冒険家・著作家、エハン・デラヴィ氏の
アイスランド縦断ドキュメンタリー

公式Website:http://earthling-jp.org/why-on-earth/

苔採りのルール

海にも山にも自然界のルールというものがあります。 お互いを傷つけないためのルールです。

ここでは、店主が体感で受け取った山のルール、特に苔を採集するときのルールについて詳しく書かせていただきます。
 

続きを読む