盆栽コラム

googleImage

元・水草レイアウト世界上位ランカー(最高26位。半端〜w)から水草水槽についてほんの少しだけ辛言

参加者が年々減少し2000作品を切ってきた世界水草レイアウトコンテストを受けて 中途半端な経歴なのは重々承知の上で現在の水草カルチャーとその未来について思うことを少しだけ語らせていただきます 10年前と比べてインターネッ...

Read More

テラもアクアも園芸も、そろそろ生産や産地から見直してみませんか?

食品と違いトレーサビリティがさほど意識されていない感のある園芸市場 しきりに「自然を愛す」といいながらアマゾンの土を掘り返して加工して販売してしまったり、山河から流木を集めて商品化したりするのはやっぱり如何なものかと思い...

Read More

水流に適応した水生植物(6月下旬の哲学の道沿い疎水にて)

初夏から真夏にかけて哲学の道沿いの疎水に繁茂する水草が毎年気になっていましたが、ようやく動画にて近影することができました。 撮影してすぐわかったのですが、この、疎水に群生する水草は、スクリュー・バリスネリア(学名:Val...

Read More

発芽した苔ポンの植え替えについて

植え替えは園芸最大の難所です 当ウェブサイト内で度々触れていますが植物を種子から育てることを「実生(みしょう)」といいます。 発芽した苔ポンは園芸、農業の世界で専門的には実生苗ということになるのですが、この実生苗の植え替...

Read More

苔の色を保つには?

雨上がりの苔のように 苔は乾燥するとなかなか水を吸いにくくなります。これはカラカラに乾いた雑巾が水をはじくようになるのと同じで繊維が硬く閉じてしまうことで起こります。 この状態になると、数秒〜数十秒の水やりでは苔の葉が十...

Read More

1の盆栽と2の盆栽

苔の八百鉢の店主のいう「1の盆栽、2の盆栽」という概念は一般的に知られている盆栽の専門知識ではなく、店主の個人的な信条から出てきている言葉です。 中国の「盆景」に起源を持つ園芸体系が日本に渡り、平安時代から楽しまれるよう...

Read More

苔ってなんなの?

年代など本当のところは誰にもわかりませんが最初の植物が苔かそれに類するものであったというのは恐らく確実であろうと思われます。現在の地球において3億年前の地球の姿にもっとも近い場所としてアイスランドの原野(※写真下)を挙げ...

Read More

苔採りのルール

ここでは、店主が体感で受け取った山のルール、特に苔を採集するときのルールについて詳しく書かせていただきます。  以下はネットや書籍などの情報源によらず、あくまでも店主の感覚に基づいて打ち立てたルールです。 苔は山でも街で...

Read More

Posts Navigation